子供でも飲みやすい青汁の選び方

いつから子供に飲ませたら良い?の記事でも紹介しましたが、1番子供用としておすすめの青汁タイプは、お水や牛乳で割って飲むタイプの『液体青汁』です。

ですが、液体青汁って本当にたくさんの種類があって正直何がなんだか分からない・・・と思ってしまっても正直仕方ないくらい多くの青汁が販売されています。

 

では、子供用青汁の選び方は一体どうすれば良いでしょうか?

  • 何も考えずに自分の青汁をあげる。
  • 牛乳でわって飲む。

 

どの選び方も正しいのですが、もう少し深く解説してみることにしましょう。

 

飲みやすい青汁の選び方

フルーツ成分が入ってる青汁

まず最も手間がかからない子供用の青汁をお探しでしたら、果物をベースに青汁ヲ混ざり合わせたフルーツ青汁が最も相性の良い青汁です。

青汁の多くは、苦味の強い植物をベースとしている場合が多いのですが、フルーツタイプの青汁でしたら、お子さんでも美味しく飲みやすい😁

 

青汁の定番植物の大麦若葉が入っている大麦若葉青汁ランキングから参考にしてもらっても良いのでしょうが、こちらのタイプは飲み方を意識しないとおそらく子供は『なにこれ~!!嫌~!!!!』となる可能性ありと考えておいたほうが良いです😂

 

栄養成分で見比べるなら、大麦若葉青汁のほうが良いのでしょうが、まずは飲ませることを意識したおきたい所ですね。

 

ケールが入っていない青汁

大麦若葉青汁を簡単に紹介しましたが、一部の青汁には大麦若葉以上に苦味の強い植物が入っている青汁もあり、その青汁こそケール配合青汁です。

青汁業界で1番有名なCMと言えば、「う~ん!!!まずいっ!!!」の青汁ですが、この青汁こそ苦味の良いケール100%の青汁なんです😂

 

確かにビタミン・食物繊維は段違いですが、ケール配合青汁は大人用として捉えて貰ったほうが何かと都合が良いはず。

お店で買うなら、裏面にケールをいう文字を確認できたのであれば、買わないことをおすすめします(笑)

 

比較的値段の安い青汁

フルーツ青汁を1番おすすめしたいのですが、お子さんの好みによっては,フルーツ青汁すら、飲みたくないと駄々をこねるかもしれません。

この場合を予想して始めに買う子供用青汁は、出来る限り値段の安い青汁を買うようにしましょう。