フルーツ青汁の選び方

たっぷりのフルーツが入っている青汁は、青汁特有の苦味を上手に中和してくれるので、一見野菜ジュースのようにゴクゴク美味しく飲めるのが人気の秘密ですね😁

最近では、芸能人がSNSにフルーツ青汁を多数アップしていることからも人気の高さが分かりやすい形でみえてきました。

ですが、数年前からフルーツ青汁ブームとなっていますので、その関係からか、以前よりたくさんの種類のフルーツ青汁が販売されています。

 

『フルーツ青汁が良い』と言われても、なんだか良くわからない人が多いとおもいますので、お子さんにおすすめのフルーツ青汁の選び方について触れてみることにしましょう。

 

おすすめしたい!フルーツ青汁

ちなみに芸能人がおすすめしているフルーツ青汁の多くは少々値段が高い商品が多いようですので、あまりおすすめしません。

また、縛りが設定されている青汁が多いこともお子さん用の青汁として人気がない理由の一つでしょう。

 

仮に縛り設定の青汁でしたら、お子さんが飲まないと全額負担(損)になってしまいますからね・・・😂

 

りんごが入っているフルーツ青汁

最もおすすめしたいフルーツ青汁は、臭みを消す働きがあるとして既に昔から利用されていたリンゴが入っているフルーツ青汁です。

また、値段が安いフルーツ青汁としても評判で、臭みが少ないから牛乳やジュースと混ぜ合わせて飲むといった方法で飲ませている親御さんも多いですね😁

 

全額保証が付いているフルーツ青汁

出来ればですが、『全額保証』付きのフルーツ青汁でしたら、非常に人気が高いことが簡単に予想できますので、仮に見かけたら迷わず導入したおきたい青汁の一つです。

全額保証がついていない青汁だと、お子さんでのなかった場合に負担となってしまいますが、仮に保証青汁なら返品すれば支払った金額の全額があなたの手元に商品を返すことで戻ってきます。

最近では子供青汁以外にも全額保証青汁が多数登場している背景から考えても今後主流となっていく青汁は保証付きの健康フルーツ青汁ですね😁

飲みやすい子供青汁おすすめレシピ

既にフルーツ成分がたっぷり入っているフルーツタイプの美味しい青汁でしたら、ある程度そこまで飲み方・レシピについて気にする必要はないかもしれませんが、青汁を飲んだことの無いお子さんでしたら、場合によってはフルーツ青汁でさえ、イヤイヤッ!となってしまうかもしれません・・・

そんな親御さんの為におすすめしたいのが『美味しい青汁レシピ』

あまり過剰に糖分を入れてしまうと、青汁自体の良さが半減してしまいますからギリギリまで飲み方を意識し、青汁を飲むことであなたが子供に願っている健康的働きを考慮しながら、最適な美味しい青汁レシピをいくつかご紹介します。

 

美味しい青汁レシピ

ゴクゴク重視

  • フルーツタイプの青汁
  • 牛乳
  • ヨーグルト

こちらの3つのアイテムを用意して、ヨーグルトは隠し味程度に混ぜて(シェイク)したから、お子さんに飲んでもらえば、とっっても美味しい青汁の出来上がりです。

このレシピはカクテルレシピとしても人気が高い作り方を応用した方法なので、非常にまろやかに青汁が飲めます😆

 

栄養価重視

  • フルーツタイプの青汁
  • 蜂蜜

芸能人がSNSでアップしたのをきっかけとなり、ハニーウォーターがとっても人気が高い美容ドリンクとして評判ですが、その青汁verだと考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

こちらの蜂蜜は市販の蜂蜜でも構いませんが、特に甘味が強くハニーウォーター愛用者がおすすめするニュージーランド産の蜂蜜が特に美味しいらしいですね。

 

参考記事:ハニーウォーター(はちみつ水)の効果的な作り方&飲み方は?

 

食べやすさ重視

  • フルーツ味のゼリータイプ
  • 冷蔵庫で冷たく冷やす

1番このレシピで簡単&結果的に安い青汁レシピですね。

なんといっても最大の魅力は、ただ単純にゼリータイプの青汁を買えば済むことだからです😆

子供青汁と言えば、一般的には液体タイプの青汁のほうが人気が高いようですが、最近では子供もネットが使えるようになり、青汁=液体の苦味飲み物』だと認識している傾向にあります。

 

ですが、まだまだ一般的に浸透しないゼリータイプの青汁なら・・・答えは簡単ですね😆

おやつ感覚でパクパク気にせず食べてくれるんです♪

子供でも飲みやすい青汁の選び方

いつから子供に飲ませたら良い?の記事でも紹介しましたが、1番子供用としておすすめの青汁タイプは、お水や牛乳で割って飲むタイプの『液体青汁』です。

ですが、液体青汁って本当にたくさんの種類があって正直何がなんだか分からない・・・と思ってしまっても正直仕方ないくらい多くの青汁が販売されています。

 

では、子供用青汁の選び方は一体どうすれば良いでしょうか?

  • 何も考えずに自分の青汁をあげる。
  • 牛乳でわって飲む。

 

どの選び方も正しいのですが、もう少し深く解説してみることにしましょう。

 

飲みやすい青汁の選び方

フルーツ成分が入ってる青汁

まず最も手間がかからない子供用の青汁をお探しでしたら、果物をベースに青汁ヲ混ざり合わせたフルーツ青汁が最も相性の良い青汁です。

青汁の多くは、苦味の強い植物をベースとしている場合が多いのですが、フルーツタイプの青汁でしたら、お子さんでも美味しく飲みやすい😁

 

青汁の定番植物の大麦若葉が入っている大麦若葉青汁ランキングから参考にしてもらっても良いのでしょうが、こちらのタイプは飲み方を意識しないとおそらく子供は『なにこれ~!!嫌~!!!!』となる可能性ありと考えておいたほうが良いです😂

 

栄養成分で見比べるなら、大麦若葉青汁のほうが良いのでしょうが、まずは飲ませることを意識したおきたい所ですね。

 

ケールが入っていない青汁

大麦若葉青汁を簡単に紹介しましたが、一部の青汁には大麦若葉以上に苦味の強い植物が入っている青汁もあり、その青汁こそケール配合青汁です。

青汁業界で1番有名なCMと言えば、「う~ん!!!まずいっ!!!」の青汁ですが、この青汁こそ苦味の良いケール100%の青汁なんです😂

 

確かにビタミン・食物繊維は段違いですが、ケール配合青汁は大人用として捉えて貰ったほうが何かと都合が良いはず。

お店で買うなら、裏面にケールをいう文字を確認できたのであれば、買わないことをおすすめします(笑)

 

比較的値段の安い青汁

フルーツ青汁を1番おすすめしたいのですが、お子さんの好みによっては,フルーツ青汁すら、飲みたくないと駄々をこねるかもしれません。

この場合を予想して始めに買う子供用青汁は、出来る限り値段の安い青汁を買うようにしましょう。

いつから子供に青汁を飲ませても大丈夫?

野菜が苦手なお子さん用に飲みやすい青汁が、最近どんどんと増えてきました😁

ですが、『いつから子供に青汁を飲ませても大丈夫なのか?』子供を想う親からすればどうしても気になる所です・・・

あまり具体的に解説していない情報サイトが多いように感じましたので、とことん栄養士・保育士の友人にアドバイスを頂きながら分かったことをご報告します。

 

子供の青汁~いつから?

1歳を過ぎた時から、様子をみながら与えよう

青汁の健康・美容効果から、青汁=医薬品と誤解してる親御さんも多いと聞きましたが、青汁はいわば野菜と同じ健康食品です。

野菜が医薬品とならないように、野菜・植物エキス成分を含んだ青汁も同様というわけですね😁

 

具体的には、離乳食を過ぎてから少しずつ与えるのが良いでしょうが、お子さんの様子を確認しながら少しずつ飲ませてあげることが重要です。

その際に苦味の強い青汁を与えてしまうと、青汁自体に強い抵抗感を与えてしまう可能性がありますので、美味しい子供用青汁や子供用に青汁を飲み方を考えてみたの記事を参考に与えてください。

 

栄養がたっぷりの健康食品の青汁ですが、大人でも好き嫌いが分かれてしまうドリンクでもあります。

お子さんが嫌がってしまった場合は、決して無理に与える必要はないですよ😆

食物繊維でしたら、子供用に販売されているヨーグルトでも簡単・美味しく食べれますからね😁

 

 

過剰に与えてしまうと下痢の原因になる可能性あり

確かに栄養たっぷりの青汁ですが、大人と同様にコップ1杯の青汁を習慣付けてしまうと、お子さんの体内環境では栄養成分を上手く吸収出来ないことが多く、場合によては下痢の原因になってしまう場合もSNSの口コミ評判を確認すると、わりと多くありました。

この最大の理由は、野菜の10倍以上の食物繊維が入っているから。

大人でも下痢気味の人が青汁を飲み続けてしまうと下痢になってしまう場合があると報告されていますので、まずはおおさじ1杯程度のごくごく少量の青汁から様子を見ながら与えることをおすすめします😁

 

与えないほうが良い青汁の種類は?

青汁と言えば、液体青汁・ゼリー青汁・粒青汁の3種類の分けられています。

そして、この中で1番与えてはいけない青汁は、粒(サプリ)青汁おすすめ比較ランキングの粒青汁です。

 

粒青汁の場合でしたら、状況によっては喉に詰まってしまう可能性もありますので、出来れば液体タイプの青汁の中から選んでおきたいですね😁